断り方

お見合いでのお断りの仕方ですが、写真と身上書を受け取った段階か、実際に相手とお見合いをしてからかによって 対応が変わってきます。また自分がお見合いをお願いしてあって写真とつりがきを仲介者に預けてあった場合と、 突然たまたま舞い込んできたような話かでも違うのです。たまたま話が来たような場合は、恋人がいるからとか、 仕事に専念していて今は結婚したくないとかとはっきり即決でお断りしてもいいと思います。先延ばしにして結局 断るというのは仲人に対しても相手にたいしても失礼です。ただお見合いを頼んでいた場合は写真を受け取ってから 数日以内にお会いしたい旨を伝えるべきと思います。自分からお見合を頼んでおいて写真だけで断ると、選り好み しているようで心証がよくありません。条件ありきのお見合いだとしても結婚にたいして真摯に取り組んでいないと 思われたら良いお相手を紹介しようという気も失せるものです。もちろん会ってから断るのは構いません。 考え方が合わないとか、趣味が違いすぎるとか「生理的に」受け付けないというのもアリだとおもいます。 そんな時は仲人さんにはうまく言って貰って早めにお断りの連絡をいれていただきましょう。何回も会って気を持た せておいて価値観があわないとかいううやむやな理由で断られるのは相手もたまらないですよね。 一生の伴侶を決める重要な決断です。しかし恋愛と違ってあまり考えすぎる時間も無いのも確か。もしお相手が気に いったのだったら自分の直観力と運を信じて飛び込むのも人生です。お見合いした時点で条件面ではクリアしている はずなのですから。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。