晩婚化が進んでる!?

2009年現在では結婚年齢の平均が、男性30.4才、女性28.6才となっています。多少年齢が上がっているようにも 思えますが、実感とは少しずれている様に感じられます。最近30才を過ぎた花嫁が多くなっていると感じませんか? また、反対に二十歳そこそこで妊娠をきっかけに結婚するいわゆる「デキ婚」もとても増えているように思います。 結婚年齢の二極化が進行してきているのではないでしょうか。少し前になりますが、歌手の安室奈美恵さんが妊娠 結婚を発表したときに、若い女性たちの間で増えている若くて美しいうちにママになりたいという「ヤンママ願望」 が話題になりました。出産しているのにも関わらず、スレンダーなスタイルを保ち、お洒落で育児にも積極的とい うそのライフスタイルが憧れの対象になったのです。しかし残念なことに安室さんもそうでしたが、デキ婚の四割 は離婚に至るというデータがあるのも確かです。 反対に30代の結婚が増えています。仕事も軌道に乗り収入も安定してきて出産年齢のリミットを考慮するとこのくら いになるのでしょうか。そもそも未婚率が非常に増えている昨今、先が見えない社会情勢のなかで「結婚」するとい う決意にいたるには「収入の安定」という安心感か、「妊娠」というのっぴきならない状況がないと踏み出せないの かもしれませんね。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。