披露宴の進行

結婚披露宴の進行は、おおまかに、入場、紹介、乾杯、挨拶、祝辞、歓談、余興、お色直し、花束贈呈、など いろいろあります。そして、それぞれ上司や友人、同僚に頼んだり、手配したり、とても新郎新婦だけでできるものでは ありません。式場ならば、決まった流れでやってくれますが、レストランウェディングなどでは、自分たちで企画しなけ ればならないこともたくさん出てきます。司会を友人に頼むにしても、受付を後輩に託すとしても細かいことは、素人には 難しいものです。そこでいま注目されている職業にウェディングプランナーというものがあります。 もちろん、従来の式場にも常駐していることが多いですが、個人で請け負ってやっているプランナーもいます。 会場のレストランなどで、紹介を受けることもできるでしょう。その道のプロですから、希望はどんどん出して、思い通りの 結婚式に出来るでしょう。式場の制約を受けないので、結構融通を利かせてくれるプランを出してくれるのです。 もちろん、プロデュース料はそれなりにかかります。しかし、自分たちで手づくりできる余裕があるならば、有名ホテル などで、披露宴を挙げるより、ウェディングプランナーに相談しながら、自分たちでレストランを選び、衣装を揃えて、 とやっていくほうが、安く上がる場合もあります。自分たちの人生の門出を人任せ、金任せにせず、みんなに祝って貰い たいと考えるカップルも増えてきています。ホテルや式場で普通の披露宴をした人はたいがい、「結婚式にあんなにお金を かけるくらいなら、もっと良いところに新婚旅行にいけたのに」とか、「あのお金でマンションの頭金になった」などと いうものです。また、それは真実でもあります。結婚式を挙げようという時には、披露宴だけでなく人生の進行表も作ると よいのかもしれません。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。