招待状の準備

さあ、結婚式の準備も佳境に入ってまいりました。招待状の発送です。あなたはどんな招待状を送るのでしょうか。 最近は式場が用意してくれた、お仕着せの招待状を選ばずに、自分たちでデザインから考えて作った招待状を送る カップルも増えています。パソコンを使えば色々出来るようになったこともありますが、より自分たちが主役で あることを意識しているカップルが増えたのでしょう。色鮮やかな招待状が届くと受け取ったほうもわくわくしますね。 自分達でつくるとなると、いくつか大事なことがあります。二ヶ月前には発送して、まず、婚約の挨拶。そして日取り、 場所、場所の地図、司会やスピーチなどお願いがある場合はまず付箋でつけて知らせます。その後直に連絡しましょう。 往復はがきを同封し、挙式一ヶ月前には返事を貰える様にしましょう。遠方からの招待客には、こちらが、交通費や、 宿泊費など、どれだけ負担するかを記してあげると大変親切です。遠方から結婚式に出席するのは、金銭的に大変な 負担です。いくら祝う気持ちがあっても経済状況が許さない場合もあるのです。せっかくの友人との間にわだかまりを 残さないように、そのへんはしっかりと考えましょう。出欠席の返事がなかなか来ない招待客がいたら、遠慮せずに 直接連絡をとりましょう。本人が出したつもりで出していなかったりして、当日来たのに席がなかったなんてことは 絶対に許されません。招待状を貰ったほうも、「御」や「芳」を寿で消すなんてことにこだわらず、早めに返事を出 して祝ってあげてくださいね。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。