結婚式のお礼

結婚式を挙げるということは、、晴れて夫婦となった二人がこれから一人前の大人として責任を負うということを皆さんに宣言 する日でもあります。その第一歩として、祝宴の日に関わるたくさん人たちにお礼や心づけを渡すという習慣があります。 まず、仲人さんや、乾杯の音頭を執ってくださった方には、「お車代」として相当額をお渡しします。 また、会場のスタッフ、介添え人、カメラマン、ヘアメイクに小額のチップを心づけとして渡す場合もあります。 これは主にご両親の考え、その地方の風習などもあるでしょうが、会場のスタッフならば、渡さない 受け取らないということも多々あります。ただ、友人に司会や受付、準備に費用がかかった余興などを頼んだ場合には それなりの心づけが必要でしょう。特に司会などはプロに頼めば高額のギャラがかかります。友人ならタダですが、 頼まれた人は出ずっぱりで、食事もままならず、お祝いだけかかるということになりかねません。 そして、意外に難しいのが遠方の招待客に関してです。恩人ならば、おいで願うのに交通費、宿泊代は全額持つのが普通と 考えられますが、友人などの場合、呼ばれた方もどのくらい費用を負担してくれるかによって出欠席を決めたいと思う 人も多いでしょう、新郎新婦にはなかなか聞きづらい事だけに、遠方の人を呼ぶときは、招待状に交通費や宿泊費用のことを 記してあげて欲しいと思います。あと、忘れてはならないのが、結婚式に出られなかった人から貰ったお祝いや祝電のお礼です 。お祝いには頂いた額の半返し以上の内祝いを、電報などには、新婚旅行のお土産などを渡すとよいでしょう。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。