それぞれのスタイル

日本ほど結婚式のスタイルが多用な国も珍しいように感じます。世界各国結婚に関して共通なのは、神、仏など 信仰に基づいて、その慣習に習って式を挙げることが多いと思うのですが、こと日本人は結婚式とお葬式などで しか、信仰を意識しない人が多いため、自分の好みのスタイルで結婚式をするのです。 種類としては、仏前、神前、教会、人前、などです。白無垢が着たいから神前、とか着物は窮屈そうだから教会式、 などと結構アバウトに決めています。神前だの教会だの言っても実際は式場に付設されているもので、略式なものです。 純白のウェディングドレスに身を包み、長いベールを引きずって父親と祭壇に進むという教会式に憧れる女性は多く、 とは言っても、、本当のキリスト教教会で式を挙げるには、信者であることが求められていますので、事前教育なしに 簡単に式を挙げられる、「チャペル式ウェディング」が日本では全盛です。 人前結婚式は、神父や神主などをおかず、招待客に証人なってもらって、婚姻届に二人で署名するなどの儀式を行う、 比較的新しいスタイルの結婚式です。これは、信仰心がない人が多い日本国民から必然的に出てきたスタイルだと 思いますね。婚姻届を役所に出してさえしまえば、法的には夫婦です。実際、結婚式自体を挙げないカップルがたくさん 出てきています。記念に写真館などで、ドレスを着て写真だけ撮ったりして、お金をほかの事に使ったほうが良いと 考えている現実的な夫婦も多いということです。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。