引き出物に工夫

結婚披露宴でカップルを悩ますのが、引き出物。自分たちの趣味趣向、親たちの思惑が入り乱れ、なかなか決ま らなかったりします。地方によっては、重ければ重いほど良いというお土地柄があったり、「鯛の形の砂糖は 欠かせない」とか、「引き菓子は生もの」とか枚挙にいとまがありません。 違う地方から出てきた者同士が結ばれることも多い結婚。全員の考えをまとめるのは一苦労です。 もともと、一般的な披露宴を行おうと思うと、一事が万事こんなことだらけです。みんなで一歩引いて相手の 家族の立場や考えを酌んで、譲れることは譲る。こんなところから他人同士の家族が親戚になっていくのかもしれません。 ともかく、引き出物。何を選んで良いかわからない、というときの救世主が最近では主流になってきました。 ギフトカタログです。皆が自分がすきなものを選べるし、価格帯別なので、仲人だけ高いものにしたり、夫婦で それぞれお祝いを頂いたときには、別の品物を選んでもらうことも出来るのです。 もちろん、引き出物の袋のなかにカタログが一冊だけというのはちょっと寂しいものですから、引き菓子をつける ことが多いです。ホテルや式場などでは、持ち帰りの品の中に生ものが入ることを、食中毒などの懸念から嫌います。 そこで、必然的に、引き菓子は焼き菓子などが多くなります。最近は、新婦の手づくりクッキーなどを入れることも ありますね。お菓子作りが得意なお嫁さんなら、式場に相談してみるとよいかもしれません。新郎の親戚や友人たち も「あいつは家庭的な嫁さんをもらったな」と株が上がるかもしれませんよ。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。